読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中のワタシを忘れるために

錠剤は一粒ずつしか飲み込めない人が書くブログ。

アフガニスタンに呼び寄せられそうになった話

私は以前から、本業の美容師の他にアクセサリーを作って販売するという地味な作業もしている。(気分屋な性質なため最近はストップ中)

何年か前、そのとき主に海外の人たちに流行っていた(ように感じた)インスタグラムのようなSNSがあり、私はこっそりそこにもアカウントを作った。

自分が作ったアクセサリーを海外向け販売してみようと企み、そのアカウントでは主に作った作品たちをコツコツ載せていた。

 

すると、日本から遠く離れた国、アフガニスタンの男性が「このアクセサリーを買いたい」とコメントを残してくれた。「viberっていうアプリ使ってる?」と聞かれた私はすぐにそのviber(LINEとほぼ同じ機能)とやらをダウンロードし、第一声に「ハロー」と送った。もちろんやり取りは全て英語である。

アフガニスタンと聞くとそれまでの私の中には「侵略」とか「内戦」「武装勢力」とか、砂埃まみれのイメージしかなかったのだけれど、そのようなものは偏見だったと知った。もちろんそのような地区もあるが、その男性が住む地域は私たちとあまり変わらない、むしろ田んぼとイオンしかない私の住む町より活気がある街だった。

海外に向けて個人間で発送するには、EMS(国際スピード郵便)

EMS(国際スピード郵便) - 日本郵便

という国際郵便があることが調べてわかったのだが、航空便と船便があり、速さをとるならEMSの航空便だけど送料が結構高くなる。船便はそれよりも安いのだけど、船だけに結構日数がかかる。

アフガニスタンだから、確かどっちにしても送料がかかったので、初めてだし練習も兼ねる気持ちで送料はこっちで負担しようと思った。

実際に郵便局に荷物を持っていくと、局員さんが「これだとエアメール扱いで送れますよ」と教えてくれた。まじか!!っと声に出そうだった。

結局、普通に住所と名前を書いただけの定型より少し大きめ(つまり定形外扱い)の茶封筒に入ったアクセサリーは、海を越え国境を越えてアフガニスタンへと出発した。

そんな感じでアクセサリーを販売する手続きなどを済ませ、「発送したから一週間か二週間くらい待っててね!」と連絡した。

 

それからどれくらいで着いたか忘れたが、「着いたよ!」という連絡があった。

「とっても美しい!ありがとう!」といたく喜んでくれたので、私もとても嬉しかった。それに、自分の作ったものが遠い国まで旅立ったことに、とても興奮したのを覚えている。

 

その彼とは「販売」だけでは終わらず、それからちょいちょいviberを通して連絡がくるようになった。私も、まぁ英語の勉強にもなるし、いいか。くらいに思っていた。

 

彼は歳を聞くと18か19歳くらい(忘れた)だと教えてくれたのだが、写真で見る限りではヒゲがもじゃもじゃだったし車も運転していたし、ジムに行って体はマッチョで、どう若く見積もっても25は過ぎてるような気がしたが、「アフガニスタンの人はそんな感じなのだろう」とあまり深くは考えなかった。今思うとからかわれていたのかもしれない。

「結婚してるの??」と聞かれたので、「してないよー。あなたは?」と聞き返すと「してないしガールフレンドもいないよー。」と返ってきた。

困った。私の、興味がない人への対応力は世界共通らしく、ましてや英語で話さないといけないため、会話しようと思っても単語がわからなかったらいちいち調べてから適当に文にして(チャットなので)…なんてやってるとめんどくさくなってきた。

とりあえず、好きな食べ物とか、そっちのメイン料理は何?みたいなことを聞いたりしたような気がする。米はあるよ!と教えてくれた。

彼の家の写真を見せてくれたり、兄弟の写真を見せてくれたりして、結構広くゴージャスなおうちを見せてもらった後に自分の部屋を見渡すと、一人で持て余していた2DKのアパートが、なんだか狭っくるしいなぁと感じた。あとは飼い猫の写真を送ってみたりした。

最初は初めて海外の人と会話をすることが新鮮で楽しかったのだけど、そう思ったのはほんの数日で、次第に彼からの連絡が嵐のようにひゅんひゅんやってくるようになった。

 

「グッモーニン、マスミ!」

「今何してるの??」

「どこにいるの??」

「おーい、マスミー!何してるのー??」

「ハロー、アイミスユーソーマッチ!」

「なんでほったらかすのー?」

「何してるのー??」

(もちろん全て英語です)

 

「I miss you.」のオンパレードに超絶うざくなった私は自分のiPhoneからviberを消し、SNSも消した。

 

以前の私は「自由」を求めて、海外に行くことにも憧れのようなものがあった。日本に住みづらささえ感じていた。

だけど、この一件で3つのことを学んだ。

 

小物ならEMSじゃなくエアメールでも送れる。

海外の男も日本の男も大して変わらない。

そして、自由はどこかではなく自分の中にあるのだ。と。