私の中のワタシを忘れるために

錠剤は一粒ずつしか飲み込めない人が書くブログ。

わたしがフレディ・マーキュリーから学ぶこと

ボヘミアン・ラプソディー』を観てきました。

完全にネタバレなので、まだ観てない方はここで閉じてね。

ネタばれてもいいよ、という方は続きをどうぞ。

 

 

ぶっちゃけ私はそこまでクイーンのファンではないし、

彼らのことはメジャーな曲くらいしか知らないし、バンドやメンバーに対する思い入れはほぼ無いに等しい。それなのに、映画を見終わるころには自分の意志や感情の制御がきかないほどに、ぼろぼろと涙があふれ出て止まらなかった。こんなふうになってしまった映画は初めてかもしれない。

 

私はいま「マスミ・マーキュリー」という名前で“ドSタロットカウンセラー”として、タロットを使ったカウンセリング活動をしている。

ドS~、は置いといて。“マーキュリー”と名前をつけたのはちゃんと理由がある。

 

家でぼーっとネットサーフィンをしていた時のこと。
自分のホロスコープの水星に天秤座が入っていると知り、それはつまり、コミュニケーション能力や文才があり、表現をすることに長けている星の影響を持って生まれてきたということも同時に知った。

今までの人生、確かに手紙や文章を書くことは好きなほうだったが、コミュニケーションについては苦手意識があり、自分ではある時期まで「コミュ症」だと思っていた。自分の中にあるものをできるだけ正確に伝えたいという欲求があったため、短時間の人との接触では(当たり前だけど)すべてを伝えるのは無理で。それが最初から分かっているから、人との会話において多くの言葉を端折ったものにならざるをえなかった。コミュニケーションをあきらめていたのである。

「水星」はホロスコープ占星術)では、知性やコミュニケーション、情報伝達、商人、教師、音楽家、占い師(!)、などを司るトリックスター的な存在だそうで(私は占星術は疎い)、私は9月生まれの乙女座で、乙女座の支配星も水星なんですね。

なんだか水星のご加護をたくさんいただいてるし、「トリックスターっていいじゃん!なんかかっこいい!」という単純な動機で、『マーキュリー』を名前につけようかって浮かんだのです。

しかも、なぜか「フレディマーキュリーは9月生まれでマーキュリーにした」という情報をどこかの何かで知っていて、頭の隅にあったものがぽんっと出てきたもんだから、「わたしもそうする!!」と思い、マスミ・マーキュリーという名前が生まれたのです。自分のやっている活動がこれから活発になればいいな、という願いも込めて。

 

映画の話に戻る。

私はこの映画を、先に言ったような程度のバンドの情報と、まぁよくある自叙伝的な映画なんだろう、くらいの認識だけで観に行った。フレディ役をラミ・マレックが演じていることさえ知らなかった。

冒頭からの前歯のいじりや(私も前歯がコンプレックスだった)、周りの支えに素直に感謝せずむしろ気づかずすべては自分が一番という傲慢さや、奇抜な衣装で自分を魅せること、めちゃくちゃなわがまま、創作物に対する細部までのストイックなこだわり、「好き」に対しての貪欲さ、そしてロマンチックさ。 前歯は置いといて、おとなしい修道士のように思われがちな乙女座の素顔を彼は全力で体現していた。
ここでいう「彼」は、フレディ・マーキュリーでもあり、ラミ・マレックでもある。

 

バンドが徐々に成功に向かうにつれ、それとは対照的に、彼の存在に対する空間はどんどん狭くなっていく。“見られる”という面積が増えれば自分がだすもの、言動や行動に責任が伴うし、ある程度は世間を気にしなければいけなくなるのだが、そのような孤独を抱えつつも、彼はいつでも彼のままで存在していた。

自分が自分であり続けるというのは、ある種自分と世界を切り離すことにもなる。

しかし、それを恐れていてはいつまでも本当の自分には戻れなくなってしまう。

 

『何も変えたくない。』

自分がエイズだとわかった後の世間やバンドとのかかわり方も、乙女座である彼らしいなぁと感じ、胸がぎゅうぅっとなってしまった。

 

 


俳優ラミ・マレックが〈クイーン〉フレディになるまで/映画『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング映像

 

 

 

 

サンドイッチには野菜を入れたくないという話から思い出した話

お客さんとサンドイッチの話になり、

私はサンドイッチに野菜を入れるのが嫌だ。という話をした。

野菜が嫌いなワケではない。

パンと野菜を一緒にしたくないのだ。

許されるのはレタスのみ。レタスなら許す。

卵、ベーコン、ツナ、みたいな動物脂肪的なもの〝だけ〟がいい。

BLTなんてもってのほか。Tを抜いてから食べるよ。

 

もう何年も前の話になるけれど、

わたしは一時期「肉は食べません。」という生活をやってみた。

肉は食べてないけど魚は食べていた。

同じ動物なのに、なぜか魚は自分と遠い存在だという

何だかわけのわからない感覚があったからだ。

 

ベジタリアンの何がいいからという明確な理由はなかったのだけど、

何となく健康的で、

何となく経済的で、

何となく自分が何か崇高な存在にちょっとばかり近くなれたような

そんな「何となく」の感覚だけでそうしていたような気がする。

実のところ、あまりよく覚えていない。

 

最初はいいと思ってやっていたことが、

いつからか、何となく窮屈になっていった。

変にルールに縛られているように感じてきた。

「いいと思ってやっていた」ことが間違いだったのだ。

 

そうすることが心地良いから、そうしていたのではなく

いいと思ってそうするというのは 本心からでたものではないということになる。

 

わたしたちはこれと同じようなことを、

自分の大事な人たちにもしてしまいがちである。

 

親の価値観をそのまま植えつけられ、

自分で考える力や考える時間、「考える」ということさえ

させてもらえなかった人は

大人になって自分で考えて答えを出さなければいけない瞬間に

なかなかそう出来ない場合が多いように思う。

 

親にとっては子に対し、

失敗するかもしれないけど自分で全てをさせるというのは

自立心や自信を養うこと、

「あなたにはパワーがあるのですよ」という感覚を

体感を持って教えることに通ずるのではないかと思う。

 

事実、

過干渉で育てられた私は、精神だけが早くに大人になってしまい

自立しなければいけない場面で依存してきた。

 

ずいぶんと回り道をしたもんだなぁと思うけれど、

これはこれで必要なルートだったんだろう。

 

本当の私は、未開の地を自分の手で切り開く方が好きなんだと思う。

誰かが作った道は安全すぎて面白くないから。

 

 

 

 

 

「私はコミュ症です」というラベルは、「今いる場所は地球です」というくらいざっくりアバウトなもの。

わたくし、自分で「コミュ症」だと思ってたんですが、どうやらそうではなかったみたいです。「コミュ症」という言葉って「今いる場所は地球です」ってくらいざっくりとしたものだと思います。

初対面でもすぐに打ち解けるひともいれば、ちょっと無理な人、けっこう無理な人、と、いろんなレベルの話せる度合いがあって、自分の中で「これはなんでだろう?」とずっと疑問に思ってたんですね。

学生の頃は「おとなしい人」でとおってたし、就職しても上司からは同じように「おとなしい子、会話が苦手な人」というようなことを言われたこともあります。

でも、大人になって昔の同級生に会ったりSNSなどで話したりすると、だいたい言われるのが「雰囲気かわったね、そんな人だったっけ?」みたいなことを言われます。

髪の色も派手だし、着る服も独特だったり、SNSではけっこうアップするし、自分でもむかしの自分とはちがうかもなぁと思います。

どうしてこのような感じになっているのでしょう。

ふと、わたしは気づきました。

「みんなに同じように(平等に)接しないといけない」という勝手なルールみたいなものを、いつのまにか自分に課していたのかも、と。

わたしが『一対一だといいけど二人以上になると無言になる、疲れる』のは、その場にいる二人が盛り上がった時にもう一人が会話に入れないことを気にしてしまうから。そして逆にあぶれる立場になった時に、自分の世界に閉じこもってしまうことがダメなこと(相手に悪いこと)だと思い込んでいたから。仲間外れにされてる感や、それを認めたくないというのもあったのかもしれません。

 

私は、どんなに有名でみんなが「すごい人」といっても、わたしがその人をすごいと感じる部分がないと「すごい人」と思わないし、同様に「おもしろい人」、「偉い人」、などという世間一般の評価に合わせることは、まず無いです。なぜなら、『自分がどう感じるか』が自分にとっては一番正しいことだから。

わたしがこれまで「コミュ症」だとおもっていたものは、単なる好き嫌いがハッキリしているだけのことと、興味がなければ見向きもしないこと。そして、そんな自分を悟られないように隠そうとしていただけなのかもしれません。

『あ、この人(人間的に)すきだな。』と感じればよく話したり、そのひとの意見をきいてみたり、その人のまわりに落ちているその人に関する小石を拾って、『へぇ~、この人はこんなひとなんだ~』みたいに、わたしにとっての人物像をつくっていくんです。

それが嫌いだったり興味がなければ、小石は一旦拾っても捨てたり、そもそも拾わなかったり気づかなかったり。

 

なんで『みんなと同じように接しないといけない』なんてルールを課してたんだろ。

はぶられた経験が、自分でもおもわないほどの傷になってたからかなぁ。

それなら何となく納得できるような気がします。

これからは「好き、嫌い、興味ない」を全面的に出していこう、そして自分にも他人にもそれを許そうと思います。

 

ちなみに、宇多田ヒカルのすごさがいまいち解らないんですよね。。。

 

『与えよ、さらば与えられん』と言ったヒゲもじゃのおっさんの言葉は、実に正しいと実感した話

とあるカップルの悩み相談を聞いた時の話。

 

彼女の不満は『彼氏が休日の朝はゆっくり寝て、出かけるなら昼から夜にかけて出かけたいという。私は朝から遠出したりしたいのに。例えば月2回ずつ譲るとかしてほしい。』という。そう言う彼女はバツイチ子持ち、まだ子供が小さいため、まぁ分からんでもない言い分である。

 

一方彼氏は『俺は休みはゆっくり寝ていたい。月2回とか無理。』という。そんな彼もバツイチで子供もいたので、結婚歴がない人よりは彼女の状況や環境から〝子供アリの彼女〟の気持ちには寄り添えそうにみえる。

 

表面だけみて彼らの言い分をどっちが良いとか悪いとかで話をすれば、結局のところお互いさまで、シンプルな解決策を言うならば「嫌なら別れたら?」という話になる。

しかしそれでは根本的な問題は解決せず、お互いまた他の誰かと付き合っても、その相手に同じ状況を見てしまう。

何故なら、何か問題が起こったように見えたとき、その問題を作り出しているのは他の誰でもない、自分の心や意識だから。どんなに相手が悪いように見えたとしても、相手をそのように〝見ている〟自分に原因があるのだ。

 

先のカップルの彼氏のスパッと歩み寄らない言い分を聞いた時、私は彼にこう言った。

「今そのような態度で接していると聞いたとき、わたしはホントに相手のこと好きなの?と思ってしまったよ。何でかと言うと、私にとって相手を大事にするとか愛するというのは、相手が喜ぶことをしてあげたいと思ってるから。人それぞれ大事にされ方は違うからね。」

 

すると彼はわたしのボディブローが効いたのか、う〜〜ん……と苦い顔をしながら小さく唸っていた。

 

すると彼はこう言った。

「俺は早起きして出かけたりは出来ないけど、彼女が望んだモノを買ってあげたり食事に連れて行ったりしているんですよ。」

 

それに対してわたしはこう言った。

「それを何と言うか知ってる?『補償行為』っていうんですよ?」と。

彼の見えない分身が腹を押さえながら膝をついたように見えた。

 

だが、彼をそうさせてしまう彼女にももちろん責任はあり、実際彼女が彼に要望する「欲しいもの」は1番ではなく、2番目に欲しいものだったのだ。

人は大抵、本当に欲しいものに対しては臆病なのである。

 

その時の会話では私からも解決したようには見られず、「まぁ、お互いさまなのよ。」と流していた。

そして後日、ふと彼女に聞いてみた。

 

「彼氏から全面拒否されてるようにみえるなら、あなたも彼を同じように扱っている事があるはずなんだけど。それは何?」と。

 

すると彼女はこう答えた。

「あるよ、彼からしたら私に全面拒否されてること。夜にデート出来ないこと、二人で旅行とか行けないこと、元旦那とつながってること(養育費関連の事のみで連絡できる状態にある事)。」

つまり、これらは彼女にとっては彼が望んでも与えてあげれない項目になるのだ。彼が『早起きして一緒に出かける』を彼女に与えてあげれないように。

 

続けてわたしは彼女にこう聞いてみた。

「じゃあ、それらを彼に与えてあげれないとき、どんな感じがする?気持ちとか。」

 

すると彼女はこう答えた。

「罪悪感でいっぱいになる。」と。

 

「じゃあ、彼が早起きしてあげれないとき、今あなたが感じたように、罪悪感でいっぱいなのかもしれないね? その罪悪感でいっぱいのときに、何を与えられたら心が軽くなるかな?」

と聞くと、彼女はそこでようやく気づいたようだ。

 

彼女が本当に欲しかったものは、美味しい食事やモノなどではなく、『俺が望むものを与えてもらえなくても愛してるよ。』という(いま現状の自分が出来る事をそのまま認められているという)「ゆるし」だったのである。

 

自分が自分にダメ出しをしているから、同じことをしている彼をゆるせてなかったのだ。

 

「欲しいものがあるならば、まずは与えよ」という言葉があるが、この言葉の意味が改めてわたしの中に沁みた出来事だったように思う。

 

人は、自分が持っているものしか、与えられない。

もっと欲しいと思ったなら。

その時はまず先に、自分が持っているものを自分でしっかりと確認しなければいけない。

 

罪悪感を持っているなら、罪悪感というフィルターを通したものしか、与えられないのである。

 

実に皮肉で、ユーモアのある仕組みである。

 

あの頃はまだ野良猫じゃなかった。

わたしの中に深く刻まれた「裏切りの傷」は、Dくんだったのかもしれない。

そうだ。
彼はわたしを紹介されたのち、正式な彼女として付き合うわけでもなく、ただ都合よく私をつかい、挙げ句の果てにコロッと180度態度を変えた奴だ。

『お揃いで買ってきたゴムのブレスレットをわたしが先に手にはめたから』という理由だけで、わたしへの熱も一瞬で冷め、その場で怒り、「そーゆうことされるとオレ、ホントむり。ごめん、ないわ。」みたいな言い方をされながら強制的に家に送り届けられ(その場で捨てられなかっただけマシだったのかもしれない。)、その日以来一切連絡が途絶えてしまった男である。

その程度で怒り狂うような器の小さい男など、今となってはこっちから願い下げだが、当時わたしはまだ若かったし、野良猫でもなかった。
オトナになるにつれて出来上がった分厚い壁や人を疑う恐怖心のはじまりは、ここら辺りから始まったのかも。と、ふと思った。

「さっきまでのデレデレした態度はなんだったの?」というくらいの豹変ぶりで、わたしも自分がしたことがそんなに彼を怒らせるほどのものだったのか?と、今思い出してもよくわからない。

そのDくんが怒り狂った経緯とは。

 

あるとき仕事終わりにDくんから「渡したいものがあるから会いたい、迎えにいく。」と連絡があり、会うことになった。

私は「なんのプレゼント??」と、いつも以上にワクワクしていた。

軽くドライブをしたのち、Dくんはてきとうにその辺の空き地のような場所に車を止め、何やらガサガサと袋を取り出した。
当時サッカー選手などを中心に流行っていた、チャリティーのラバーバンドがあり、Dくんがそれを自分と私の分を二つ買ったからと、嬉しそうに私にくれたのである。
(ラバーバンド……。指輪とかじゃないのか…。)と淡い期待は外れたが、そうやって私の事を考えてくれたのかと思うと、それはそれで嬉しかった。

どっちがどっち?」
と私が聞くと、
『一応サイズ違いで買ったよ、見てみて。』
と言われたので、二つのラバーバンドを合わせて比べてみた。
(こっちの方が小さい気がするなぁ……)
くらいの違いだったので、とりあえず小さそうな方を着けてみた。
すると彼が、
『ホントにそっち?』みたいな事を言い出したので、
こっちだと思うよ〜、ちょっと待ってね。
と言いながら、なぜかもう一つの彼のぶんのラバーバンドも自分の手にはめた。
恐らくわたしは、着けてみてサイズ感を比べたかっただけだとおもう。
が、その行動がDくんの怒りを買うことになってしまったのだ。
このあと、冒頭の会話に至る。

いくら謝っても許してもらえず、さらに連絡も途絶えてしまい、わたしは少し前の自分を責めた。

 

自分で言うのもなんだが、わたしは強い。
どんな武器を持って来られても、手を使わず口だけで勝てる自信がある。
…はて?それは何に対してだったのだろう?
もう二度と傷つかなくていいように、年々鎧は分厚くなっていくのであった。

今度から「好きなタイプは?」と訊かれたらこう言おうと思う

うちにはテレビがないため、たまにYouTubeで最近の番組のおもしろそうな部分だけを観たりするんですが。

 

先日観たのは「ダウンタウンなう」。

ダウンタウン坂上忍がゲストと一緒にひたすら飲みながら本音トークをするという番組。そのゲストが伊勢谷友介さんの回を観たんです。

 

トーク内容はざっくり言うと、伊勢谷さんのモテ事情についてや、なぜ結婚しないのか、など。

わたしは伊勢谷友介という人があまり好きではなかったのだけれど、この回のトークを観て結構共感をもてるところがあり、ちょっと好きになってしまいました。(ついでにいうと、坂上忍さんも好きになってしまいました。)

 

特に共感したのが「自分のめんどくさい部分」。

わたしも自他共に認めるめんどくさいやつでして。伊勢谷さんは、

【僕もすごい論理的でうるさいんですよ。理屈が合ってないのに伝わるわけないんだから、ちゃんと説明してくれってなっちゃって。でも、(相手の女性に)気持ちなんだもんって言われて・・・】

と言ってたけど、私はさらに加えて「何となく嫌だ。理由はないけど。」みたいな直感を優先する部分もあって、いやぁほんとごめんなさいだけどって感じで。

 

これは何でかというと、わたしは「論理的も感情も同じ」って思っているんですね。

論理的に説明できることは感情的にも説明できるし、逆もしかりだと。表現方法の違いだと思うんです。

 

昔付き合っていた人からもよく「おまえの言ってる事は言い訳がましい。なんも響いてこん。」とか言われたことがありましたが、私から言わせると「いや、こうなってる感情をいま言葉(あるいは図解して)にして説明してるだけなんだけど。」という感じで、つまり当時は相手は感情優位、わたしは思考優位になっていただけで、中身は一緒だったんだろうなと今なら思います。

 

トーク内で伊勢谷さんの【なんで人って生きてるんだ?とか一回は考えたことあるでしょ?】という問いかけに対して、峯岸みなみさんが「ないです」と答えてて。わたしも観ながら『えー?ないの??』と思ってしまったんですけど。

わたしもたまに「人生について」とか「自分の存在について」とか、そういうことを考えることがあって。当然ながら明確な答えは出ないのだけど、ただ何となくそれらについて考えてその時その時の答えをアウトプットして、誰かとあーでもないこーでもないって話をすることが好きなんです。

そんな内容に「俺はね〜、」とか「わたしは〜」って、自分の考えを言える人が好き。

 

だから、中身のない話とか単なる愚痴話とか建設的でない話をすることに対して「自分の時間を割いてまでそんな無駄な話を延々とする意味が分からない」という意識がある(だから世間話が出来ない)し、まぁ、ただ私が興味ないだけだから批判するつもりはないですが、たまにでも論理的な話ができない人とは少し距離を置いてしまう自分がいます。正直ね。

 

【だから、論理的に考えて、行動の原理を見つけて、それを形にするってことを繰り返すことが人生だと思ってるから・・・】

 

という伊勢谷さんの言葉にも共感で、自分と真逆の性質の人に対してはほんとに『ちょっと考えたら分かることなのに、なんで分からないの?』と考えさせられることも少なくなく(自分と同じと思っちゃいけないとはわかってはいますが。)、昔から「考えること」が癖というか、日常生活を送るための標準モードになってしまっているので、逆に『何も考えずに生きていけたら幸せなんだろうか』などと羨ましく思うこともあります。

 

こんな風に、感情を論理的に言葉にして説明しちゃうから、表面的には「冷たい人」と思われるんでしょうね。

表面クールな人って意外と中が熱い人が多い。それって、「いろいろ諦めてきた果ての」クールさなんじゃないかなぁなんてことを、ふと思いました。

 

そうそう。タイトルに戻りますね。

今まで好きなタイプってどんな人?って訊かれて、「白いパンツ(ズボンの方)を履かない人」って言ってきたんですが、これからは『自分の意志をちゃんと持っていて意見交換できる人』も付け足そう。

 

いやぁ〜、でもやっぱり『白いパンツを履かない人』は絶対かも。

 

 

断りにくいお誘いの断り方

最近ちょこちょこ「こんな時どうやって断ればいいんですかね?」ということを聞かれたことが続いたので、メモ程度にブログに残して置こうと思う。

 

私が話を聞いた「こんな時」とは主に異性からの食事やデートのお誘いで、尚且つ「その人を無下に断れない関係にある」場合。例えば職場で毎日顔を合わせる人や、その人と横つながりの人にお世話になっていて何かしら顔を立てなければならない場合など、恋人がいればそれを理由に断ることができるが、いないことを知られている時などである。

この先会う必要もない人なら冷たくあしらえばいいのだろうが、微妙な関係性にあるとそういうわけにはいかず、断ることもできずに自分の時間を苦痛な時間に当てなければいけないという人も少なくない。

そこで、「忙しい」や「架空の用事」を使い尽くした人のために参考になるか定かではないが、私がよく使う断り方をご紹介したい。

 

それがこちら。

『気が向いたらね』

 

色々話をしていて気づいたのだが、年が若い人になるにつれて、他者とのコミュニケーションにおいて「相手が今何を求めているか、何を求めていないか」を察知する能力が乏しく、自分の勢いだけで(パワーだけで)相手を強引に自分のペースに巻き込もうとする傾向があるように感じた。さらに、年が若いに加え、〝オラオラ系〟というか、男性性全開の雰囲気をもつ人にもそれは多いように感じる。

そのような人には〝忙しい〟とか〝今度ね〟などというとその言葉を鵜呑みにされることが多く、いつまでもだらだらと「いつご飯いきます?」と言われ続けるパターンになりかねない。

こっちからすればやんわり断っているつもりでも、そのような相手にとっては「いまは忙しいのか。だったらまた日をおいて誘おう。」という思考になるのである。やんわり断ることが優しいというのは大間違いで、また断る方も罪悪感が募るため、濁す断り方は双方のためにならない。

「気が向いたらね。」という言い方は主導権を自分に持ってくる言い方なるので、そこでグイグイ来られる相手のペースをダウンさせる効果がある。

そして、この「気が向いたらね」を同じ相手に使い続けると、「いつになったら気が向くんですか?」と言われることがあるかもしれない。

その時は怯まずにこう言いましょう。

「うーん。ずっと気が向かないかも。えへへ(笑)」と。チャンスです。

 

お誘いを断りたい時って、つまり「気が向かない」ということ。その行間には「あなたとは」とか「そもそもめんどくさい」とか「どうせ行っても楽しくないのわかってる」とか、色々あるかもしれないが、「気が向かない」という言い方は本音でもあり、誰のせいにしているわけでもなく、架空の用事を作らなくてもよく、相手を傷つけず、しかもそれ以上相手をこちらの領域に踏み込ませない、シンプルな断り方なのである。

そして、万が一気が向いたらその気持ちに従えばいいだけのことなのだ。

半永久保留、「気が向いたらね。」

そのセリフにハート以外のカワイイ絵文字でもつけときゃいいんですよ。