私の中のワタシを忘れるために

錠剤は一粒ずつしか飲み込めない人が書くブログ。

思いやりや優しさは受け手がそれと認識しないと意味がないということについて考えてみた話

漫画家のみうらじゅんが「いやげもの」という、もらっても嬉しくないお土産を買っちゃうという話を彼の本か何かで読んだとき、『私みたいな人っているんだな』と思ったことがある。

実は私も〝もらっても嬉しくないお土産〟を買ってしまいがちだったのである。

「だった」と過去形にしたのは、現在はその行為をやめているからだ。

やめているだけであって、実際そういう「もらっても嬉しくないもの」で私のツボに入ったものを目の前にすると、買ってしまいそうな衝動に陥ってしまう。

 

もう何年も前のこと。

友人と長崎に遊びに行ったとき、まだ長崎に入るずっと前の行きのパーキングエリアで〝にわかせんぺい〟のコーナーで立ち止まった。

 福岡人なら知らない人などいないであろう赤い困った奴は、本来「せんぺい」という名前の通りお菓子なのだけど、今やお土産コーナーなら大抵どこにでもその〝赤い困った奴〟のグッズが販売されている。

文房具、キーホルダー、ハンカチ、タオル、靴下など、ど定番のグッズの中に私の興味をそそるものがあった。

 

アイマスクだ。

博多にわか アイマスク HOT&ICE

博多にわか アイマスク HOT&ICE

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

私は当時付き合っていた恋人に、これをお土産にすることに決めた。

 

決めた理由は以下になる。

 

①にわかせんぺいの存在をそのまま表現している面白さ

②わりと実用的だし目が疲れると言っていたから良いと思った

③「長崎に行ったのに博多のお土産かよ」とツッこんで欲しかった

④そして③に対して「ごめぇ〜ん」と返したかった

 

いい。とてもいいじゃないか。

、、、と思ったのはもちろん私だけで。

実際の本人のコメントは「いやぁ、これ、、、どうしたらいいん、、」

という困りはてた反応だった。

 

私が〝いやげもの〟をあげる行為は、「それを受け取った先のこと」よりも「それを手にした瞬間の反応」が見たいだけで、それは個人的にはコミュニケーションの一環だと思っていたのだけど、でもそれは通じない人からするとやっぱり私の勝手なオナニー行為だったんだろうなと後日反省した。

別の意味で「ごめぇ〜ん」である。

 

そして今日、たまたま見かけた「食堂の券売機のボタンガチャガチャ」に手をかけそうになった。

ボタンを押したい衝動をグッとこらえ、その場を立ち去った。

 

 

 

 

ケチなラブホの話 〜パートナーとのお金の価値観〜

以前「気持ち悪いラブホの話」を書いたが、今回はケチなラブホの話をしよう。

ラブホがケチなわけじゃなく、前回にも出てきた元彼Tの物語である。

前回のラブホの話を読んでない方は先にそちらからどうぞ。

 

saihate.hatenablog.com

 

この時も遠出したときの話なのだが、この時は事前に大体どの辺にするか決めておこうという話になり、毎度のことながらグーグルマップ先生にどこがいいかお伺いを立てていた。

普通の宿ではなくラブホでいいね、という話になったのだが。

私は(というか、女性は大体そうだと思うけど)まず大前提に綺麗なところがいい。せっかく泊まるんだし、ボロボロのラブホなんて論外。

ということを基準に、尚且つ高すぎずなところをピックアップしてTに提案したのだが、「高い。もうちょっと安いとこがいい。」という理由で却下された。

高いと言っても私がピックアップしたのはせいぜい6千円〜8千円ほどのところで、割り勘してもたかが知れているくらいのごく普通で相場のところだったのに。

 

は?なんで?

と聞くと、

彼はこう答えた。

「泊まるだけなんだからどこでもいい。ボロくてもいい。気にしない。」

 

いやいや。私が気になるっちゅーねん。

しかも彼が推してきたのは「宿泊3千円」という極安のところで、写真も外観写真しかないし、その外観もいかにも昭和からある確実にボロそうなところだった。

きっとオバケも一緒に泊まることになるであろうことも予想された。

 

絶対いや。絶対ボロいし、絶対オバケ出る。だからいや。

 

と、激しく主張したけど、彼は一向に譲らない。

 

少しでも安く安くと値切ってきて、もうそのやりとり自体もイヤになってきたので

「もういい。私が全部出すから好きなところに泊まらせて。」

そういうと、彼はやっと承諾した。

 

めちゃくちゃカッコわる。

って思ったし、自分でも思わなかったんだろうか。

それに、ワタシの気持ちは完全に無視じゃないか。

そもそもTはわかりやすく「デート代は男が出さないとカッコ悪い精神」みたいな感じだったし(実際ご飯代などは私も出そうとしても断られていた)、本人も話の端々でそのようなことを口にしていたこともあり、なぜにそのごく相場と思われるホテル代をケチったのか意味がわからなかった。

学生とかなら話は変わるけど、40間近で仕事も役職についておりちゃんと一人前に稼いでいるはずだったので、余計にわからなかった。

 

その話を友人にすると、

「単純に手持ちがなかったんじゃない?」

と言われたけど、その日の予定は前もって決まっていたし、そもそもTの方から誘ってきたので、私の頭には手持ちがないという発想は全くなかった。

お金がないなら誘うわけがないとも思っていたし、もし仮に急にない状態だったとしても「ごめん、今手持ちがあんまなくて」とひとこと言ってくれれば、私だってそれなりの対処の仕方を考えるのに。

 

長く付き合えるかどうかの基準ってこういうお金の話とか、現実的なことをちゃんと話せることが私にとってはポイントになっていたので、今思えばこの頃から価値観のズレを感じていたのかもしれない。

 

友人たちには、

「あなたが経営者という立場だから、見栄はろうとしてしまうんじゃない?」

とも言われた。

もしそうだとするなら、彼は私のありのままを見てはくれてなかったんだろうなぁとも思った。仕事ではそうかもしれないけど、肩書きを取っ払ったそうじゃない部分のワタシだっているし、どちらのワタシも見てもらえないなら一緒にいる意味なんてないんじゃなかろうか、とも思った。

 

立てようとすれば無理されるし、

そうかといってヒモになられても困るし。

こっちだって色々考えるし気ぃ使うっちゅーねん。

 

そんなこともあり色々考えた結果、後日LINEで

「今度からデート代はざっくり割り勘にしようね。こんなこと言うと傷つくかもと思って考えたけど、最近無理してる感じがするから。負担になられても困るし、お互い生活もあるからさ。」と伝えた。

すると彼から

『なるほどねー』

とだけ返事が来た。

 

あちゃーーー。やっぱりプライド傷つけたかな、とも思ったけど、

じゃ、どーすりゃいいんだよって話だ。

 

何に対して、又、どのような場面で出すのか。

お金の価値観ってむずかしい。

 

 

ハンドメイドの模倣問題、線引きについて考えてみた話

事の発端は、昨日ツイッター内であまりにも私が作るブレスレットに似ているものを見かけた事がきっかけである。

 

それを作った方は私のブレスレットを購入してくださったこともあるため、私の作品を好いてくれていることは知っていたのだが、自分でも「こんなの作ったっけ?」と思えるほど作品の雰囲気が似ていた。

そこだけを切り取ると、「自分の作品作りの参考にされちゃったのかな?」と誤解されても仕方がないのでは、とも思った。

 

それでもこう思ってしまったのは私の主観でもあるし。と思い、

もちろん本人に直接コンタクトをとってまで言及するまでもないし、真似なんていくらでもあるからと思いつつも、やっぱり何となく気持ちが落ち着かず、「パクる人って無意識なのかな?」とだけツイートした。

これは私の独り言である。

 

 

 

私の考えとしては、

パクリかそうでないかの線引きとして

・仕上がった作品をみて自分でも似ていると思うか?

・誰かにパクリじゃない?と言われて後ろめたさがないか?

というラインじゃないかと思っている。

 

なので、もし自分の作品が完全にオリジナルという自信があれば、私の先ほどのツイートには反応しないということになる。

それで本人が自信を持って「これは私のオリジナルのデザインだ」と胸張って言えるのなら、それはそれでいいんじゃないかと思った。

 

そんな考えもあり、私はその人に対して直接コンタクトをとってもいないし、勿論名指しもしていない。それは自分で判断してもらおうと思ったからである。

 

すると、その人はすぐさま私のツイートにリプライをつけてきた。

それはつまり、「後ろめたさ」の現れと私は受け取った。

(言い回しも責任転嫁を思わせるような内容だったように思う)

さらに本人は自分のタイムライン上に私に名指しで一見詫びるような内容をツイートしていたが、本当に詫びるならスマートにDMなりしてくるのがマナーなのではとも思った。

 

本人は「素材が云々〜」と言っていたが、私はそこに対して何も思っていないし、むしろ同じ素材を使うことは自分で自分のハードルを上げているようなものではないかと思ったのが正直な感想である。

 

私は自分が作ろうと思ったものがあれば、まず市場調査をする。

インスタグラムのタグなんかを辿れば分かりやすいのだが、同じ「天然石のブレスレット」でも私は違うものを作りたかったため、すでにあるものはどのようなものがあるのか、既存のものと新しいものの間を探し、そこに自分のセンスを乗せていく作業を綿密にしていった。

現状、もう何年も前からハンドメイド市場は飽和状態なので、その飽和状態の中でいかに生き残るか、数多くある似たような作品の中から頭一つでるためには何を突き詰めればいいのか、フリマレベルではない作品のクオリティなど、試行錯誤しなきゃいけないことは沢山ある。

ボタニカルルーンに関しても同じで、現状で出ているものはどんなものがあるか調べまくったし、コストと売値のバランス、作品のクオリティ、全てにおいて入念にアイディアを練った。

 そもそも模倣を思わせるようじゃ作品として成り立たないと、私は思っている。

 

真似されることは光栄なことだとも思う。

それだけその作品が良いということだろうから。

 

今回の一件で私には私の新たな課題が見えたので、

気持ちを切り替えてエネルギーを注いで行こうと思う。

 

 

 

気持ち悪いラブホの話

以前恋人Tと付き合っていた時の話。

出かけた先で泊まろうということになり、土地勘のない場所だったためグーグルマップ先生に探してもらい、いくつか出てきた中から一番キレイそうな場所をめがけた。

 

もうほんの目の前で、すぐ着くという距離だったのに、Tのほうが「コッチもあるじゃん。こっちは?」と言ったのだが、こういう時の私の勘は鋭く、出来れば最初からめがけていた方に行きたかった。

けれどもここは一応全否定せずに、彼に対して歩み寄った。

「じゃ、とりあえず行ってみよ。空いてなかったら最初のほうにしよ。」と言い、私たちは予定してなかった方のホテルへと入った。

 

とりあえず車をとめロビーに向かうと、入り口に盛り塩があった。

 

「盛り塩、、、」

 

鈍感な彼も流石に気付いたらしく、思わず口に出ていたが、スルーしてロビーに入った。

 

自動ドアが開いた瞬間、なんとも言えない匂いが鼻を突いた。

カビくさいような、湿り気のある、私の中ではとりあえず「ヤバイ匂い」の部類に入る。

 

部屋はたまたま三つ程空いていたのだが、Tはあんまり考えずに即決するクセがあり、その時も「どこにする?」と聞いたかと思ったら「ここでいいね!」と、ぱちーん!とボタンを押し、勝手に決めてしまった。

それと同時に私はイヤな予感しかしなかった。

 

選んだ部屋についた。

ドアを開けても電気がまったく付かず、入り口付近にもスイッチらしきものはない。

「え?何で電気つかんの?」

もうここいらから心臓が暴れ出し、とにかくヤバイ感じしかしなかった。

仕方がないのでTがスマホのライトで部屋を照らすと、入ってすぐ左手にはわりと広めで真ん中にポツンとそれ用の椅子が置かれたSM部屋だった。もうあんまり覚えてないが、恐らくコンクリートっぽい壁でグレーの牢屋みたいなつくりだったと思う。

 

「もう出たい。ムリ!」

私はすぐに精算機のボタンを押した。

 

結局電気のスイッチは部屋の一番奥にあったベッドの頭元にしかなく、そうこうしているうちにフロントから電話が鳴った。

 

二人とも奥に行くのに躊躇するほどに部屋は暗く、私は絶対に行きたくなかったので、勿論Tに行ってもらった。

 

「あのですね、電気がつかないのでやっぱり他の部屋に変えたいんですけど…」

と言うTの後ろから、

『そんな言い訳いいからとにかく出ますって言ってよ!!』と急かすワタシ。

 

フロントも分かっていたのか定かではないが、幸い料金も取られずそのまま、その部屋は脱出することが出来た。

 

急いで車に戻った私たちは、すぐに最初から決めていたホテルに移動した。

 

そっちの方はまだマシだった。

マシだった、というのは、やっぱりそこも私には「ヤバイ感じ」がしたけど、他に移動する気力もないし気をごまかしながらその日を過ごした。

 

洗面所の横の、腰の高さにあったモンステラの絵が、いまだに忘れられない。

 

占い師の闇について考えた話

「タロット占い師」と割り切ったのはつい最近のことだけど、そういう占い師的な活動としてツイッターをちゃんと使おうと決めてから、約2年くらいになる。

 

初めは宣伝PRのために使っていたが、徐々にそちらがメインアカウントになり、普段のツイートや自分の思想の発言の場としても使っていくにつれ、同業的な占い師さんとの交流も徐々に増えていった。

 

最初はツイッターに生息している「占い師」がどんな人がいるかも分からず、とりあえず色んな占い師さんをフォローしてたのだが、私個人の主観ではあるが、占い師だから(人を導く役割という意味で)といって中身がまともな人なのかと思っていたら、予想外にもまともじゃない人の方が多いことに一時期押しつぶされそうになってしまった。

 

まず分かったことは、雑誌に出ているから、本をたくさん出しているからといって、イコール立派な人・すごい人ではないんだなということ。

 

これは私個人の体感、直感でなんとなく違和感を感じていたことが、色んな人の話(その本人にも関わったことがある人からの情報もあり)を通してその違和感は間違っていなかったんだという印象。

確かに業界で名を馳せるほどに活躍はしているのだろうし、その道について知識や経験も豊富だろう。だが私が言いたいのはそういう面とは関係ない人間性の部分で、表立った光の部分が強くなるにつれ、影も強まるのは当たり前のことなのだ。

「実るほどこうべを垂れる稲穂」のように、本当に中身のある人は謙虚である。それは、影が強まることを本当の意味で理解しているから、中和するために必然的にそうなってしまう。

だが、私はその著名な占い師のほころびを垣間見てしまった。
普段の何気ないツイートで、恐らく自分が有名であることを念頭に置き、上からの物言い(サインしてあげますよ、的な)を見たとき、ずっと感じていた違和感は確信に変わった。

あぁ。やっぱり。

 

別に何かを期待していたわけではないのだけど、現実を見た気がした。

その人の著書も何冊か読んでみたけど、私の読解力の問題だと思いたいのだが、一つも頭に入ってこない。

「自分語」が多いし、書いてあることの背景がよく分からず、結局何を伝えたいのかが分からないのだ。
でも多くの人はこの人の著書を買いましたアピールをしているので、「あの本をどのように読んでいるのだろう、本当に読んでいるのかな?」と、とても気になって仕方がないというのが私の本音だ。

 

他にも表立って活躍している占い師の中で、愕然とした方がいるのだが、その中のひとりについても「本当に占い師なの?」と疑うような発言をしていて、違和感でしかなかった。

 

私個人としては、「占い」をするためには「占い方」の勉強だけじゃなく、「占い」を支えるための背景が必要だと思っているし、むしろそっちの方がメインだとも思っている。背景というのは、心理学、神話、科学、宇宙、量子力学、ヨーガ、数学、コンサルタントマーケティング、ビジネス経済、死生観、デザイン、などざっと思いついてあげるとこのような分野で、私は「占い」をするために調べていくと、これらの分野に自然と行き着いたし、これは最低限知識としても触れておかないといけないんじゃないかと思っている。完璧はないとしても、触れている人はみていてわかる。


しかしその方はそれらについての発言が全くといっていいほど的を得ていなかったので、「何を支えにして占いをしているんだろう」と思ってしまった。

このような分野に精通している人は、本人が意図せずとも日頃の発言などから漏れ出ている。意図していないのがそもそも、なんだけど。

 

一昨年くらいに一時期仲良くしていた方(Rさん)も、ひょんなことから「カップルのケンカ別れ」みたいになって疎遠になってしまった。

違和感を感じ始めたのは、その人の仲間内のある人(Aさんとしておこう)とお客さんとの間にトラブルがあり、当時私も少しその二人に関わっていたため、そのお客さんから私のところにも〝自分を擁護して味方になってほしい〟というような少々錯乱したメールが届いた事がきっかけだった。

はっきり言って私はAさんの件には関係ないし、不憫だなぁとは思ったけどそれはその方の問題であって私がどうこうする必要もないと冷静に判断し、私はそのお客さんの要望を丁重にお断りした。

すると、Rさんから「仲間だから情報の共有をしてほしい」と言われた。
仲間だから、、、?

というようにちょっと引っかかりはあったものの、どうやら警察沙汰にも発展していたようなので、それならと、やりとりの一部を共有した。

私は「警察沙汰になっているなら」と思ってそうしたが、今思えば警察から直接情報提供の要請がないとしちゃいけないなと反省した。

 

確かに最初は私から声をかけたけどいきなりグッと距離を縮めてこられて、いつの間にか「仲間」呼ばわりされるようになり、常に個で関わりたい私としては「仲間」になった覚えなどさらさらなく、挙げ句の果てに私を勝手に占った結果をツイートの会話内(ツイートの会話は公共の場だと私は認識している)で普通に出してしまうという、同業者としてあるまじき行為をしたため、滅多に怒らない私はその時ばかりは本人に直接その思いをぶつけた。

ぶつけたといっても個人的にはスマートに話を終わらせたかったので色々言いたいことはあれど抑え、「これは占い業やってる人としてはダメでしょう」ということだけを伝えたのだが、『普段から自分のアウトプットの内容出してるからいいと思って。』と逆ギレされ、いやいやそれとこれとは話が違うよ、と言っても話は通じず。

結局それを機に疎遠になってしまった。

 

いまこうしてつらつらと「された」形式で書いてきたが、もちろんそのような事が起こるには何かしらの理由があり、私には私なりの、私からみた側面での、その人に関わる事で脱しなければいけないカルマがあったことはここに伝えておこう。

 

 

自称イケメンが陥りやすい罠の話

YouTuberのラファエルさんの動画がたまたま上がっていて。「元カノが集まって秘密を暴露する」ってやつなんだけど、それみて過去に付き合っていた人とリンクした。

 

その人は仕事も上のほうの立場だったし、色んな人と接する機会があるからそれなりに内面も熟されているのかなと思っていたけど、日が経つにつれてどうも表面的な彼のイメージと行動や在り方が伴わなくて、段々と信頼できなくなっていった。

信頼出来なくなったのは直感のほうで、意識的には私も出来る限り相手を信頼しようと努力はしたけど、そんな努力せずにもっと早い段階で離れるべきだったなぁと思った。

他人の事はよく見えるけど、自分の事となるとどうにも麻痺して分からなくなってしまう。

 

彼は自分にすごく自信を持っていたのだが、それは自信というよりも「自意識過剰」の領域にいっていたのだと思う。

(中途半端に)顔がいいことに絶大な自信があり、いま思えばそれ以外の内面的な自信のなさをそこでカバーしようとしていたのかもしれない。

見栄を張れば張るほど現実の自分は小さくなっていくのに、それでも現実のありのままの自分を認めようとはせず、それをひた隠しにしていたのだろう。そして最終的に居場所がなくなり、逃げ出すしかなくなる。

逃げださずに本当の自分と向き合えば、また選択肢も変わったかもしれないけれど。

 

本人は「イケメン」で全てをカバー出来ていると思っているので、細やかなほころびに無頓着になるし、それを他人に指摘されたとしても気にも留めない。

何故なら自分はイケメンで、目の前のひとりが居なくなったところで自分に寄ってくる女は履いて捨てるほどいるのだから。

 

だが、そのサイクルは浅いものでしかなく、いつの間にか「深い関係を築くことが出来ない症候群」になっていることにも気づけない。気づいた頃には手遅れで、深い関係の代わりに今まで築き上げた防御壁は分厚く高くそびえたっているだろう。

 

 

わたしがフレディ・マーキュリーから学ぶこと

ボヘミアン・ラプソディー』を観てきました。

完全にネタバレなので、まだ観てない方はここで閉じてね。

ネタばれてもいいよ、という方は続きをどうぞ。

 

 

ぶっちゃけ私はそこまでクイーンのファンではないし、

彼らのことはメジャーな曲くらいしか知らないし、バンドやメンバーに対する思い入れはほぼ無いに等しい。それなのに、映画を見終わるころには自分の意志や感情の制御がきかないほどに、ぼろぼろと涙があふれ出て止まらなかった。こんなふうになってしまった映画は初めてかもしれない。

 

私はいま「マスミ・マーキュリー」という名前で“ドSタロットカウンセラー”として、タロットを使ったカウンセリング活動をしている。

ドS~、は置いといて。“マーキュリー”と名前をつけたのはちゃんと理由がある。

 

家でぼーっとネットサーフィンをしていた時のこと。
自分のホロスコープの水星に天秤座が入っていると知り、それはつまり、コミュニケーション能力や文才があり、表現をすることに長けている星の影響を持って生まれてきたということも同時に知った。

今までの人生、確かに手紙や文章を書くことは好きなほうだったが、コミュニケーションについては苦手意識があり、自分ではある時期まで「コミュ症」だと思っていた。自分の中にあるものをできるだけ正確に伝えたいという欲求があったため、短時間の人との接触では(当たり前だけど)すべてを伝えるのは無理で。それが最初から分かっているから、人との会話において多くの言葉を端折ったものにならざるをえなかった。コミュニケーションをあきらめていたのである。

「水星」はホロスコープ占星術)では、知性やコミュニケーション、情報伝達、商人、教師、音楽家、占い師(!)、などを司るトリックスター的な存在だそうで(私は占星術は疎い)、私は9月生まれの乙女座で、乙女座の支配星も水星なんですね。

なんだか水星のご加護をたくさんいただいてるし、「トリックスターっていいじゃん!なんかかっこいい!」という単純な動機で、『マーキュリー』を名前につけようかって浮かんだのです。

しかも、なぜか「フレディマーキュリーは9月生まれでマーキュリーにした」という情報をどこかの何かで知っていて、頭の隅にあったものがぽんっと出てきたもんだから、「わたしもそうする!!」と思い、マスミ・マーキュリーという名前が生まれたのです。自分のやっている活動がこれから活発になればいいな、という願いも込めて。

 

映画の話に戻る。

私はこの映画を、先に言ったような程度のバンドの情報と、まぁよくある自叙伝的な映画なんだろう、くらいの認識だけで観に行った。フレディ役をラミ・マレックが演じていることさえ知らなかった。

冒頭からの前歯のいじりや(私も前歯がコンプレックスだった)、周りの支えに素直に感謝せずむしろ気づかずすべては自分が一番という傲慢さや、奇抜な衣装で自分を魅せること、めちゃくちゃなわがまま、創作物に対する細部までのストイックなこだわり、「好き」に対しての貪欲さ、そしてロマンチックさ。 前歯は置いといて、おとなしい修道士のように思われがちな乙女座の素顔を彼は全力で体現していた。
ここでいう「彼」は、フレディ・マーキュリーでもあり、ラミ・マレックでもある。

 

バンドが徐々に成功に向かうにつれ、それとは対照的に、彼の存在に対する空間はどんどん狭くなっていく。“見られる”という面積が増えれば自分がだすもの、言動や行動に責任が伴うし、ある程度は世間を気にしなければいけなくなるのだが、そのような孤独を抱えつつも、彼はいつでも彼のままで存在していた。

自分が自分であり続けるというのは、ある種自分と世界を切り離すことにもなる。

しかし、それを恐れていてはいつまでも本当の自分には戻れなくなってしまう。

 

『何も変えたくない。』

自分がエイズだとわかった後の世間やバンドとのかかわり方も、乙女座である彼らしいなぁと感じ、胸がぎゅうぅっとなってしまった。

 

 


俳優ラミ・マレックが〈クイーン〉フレディになるまで/映画『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング映像