読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中のワタシを忘れるために

錠剤は一粒ずつしか飲み込めない人が書くブログ。

経営者は孤独である

最近よく読ませてもらっているブログで「経営者は孤独を覚悟した方がいい」といった内容が書かれてあって、それを読んだ時私は、自分でも気づいてなかった自分の中の一部分を誰かにやっとわかってもらえたような気がして、ボロボロと泣いてしまった。

 

経営者は孤独である。

会社というものを抱え、従業員の生活を抱え、悩みがあってもなかなか簡単には口に出せるようなものではない。相手がたとえ家族であっても仕事の責任は自分にあるし、「心配させないため」だとかいう気持ちから自分の中の奥底についついしまってしまうことも多いだろうと思う。

私の場合は26歳で独立し、従業員を雇わず一人でやりくりし、来年で丸10年を迎える。いい時もあればもちろん悪い時もあり、今まで大概色々などん底を味わってきたというのに、まだ神様は私にどん底を与えるのか、と思った時もあった。

独立と同時に親元を離れ、職場も生活も全てひとりになった。人間関係の悩みは減っても他の部分での悩みは尽きず、心配かけまいという気持ちがどこかにあったのか親にも相談できず(そもそも仕事の悩みなんか親にわかるはずもないのだが)、片手に余るほどの近しい友人にもわざわざ言えるわけもなく、ここ何年かでようやく妹に相談できるようになった。

どん底にいるのがわかれば、あとはただ這い上がればいいだけのことなので、「どうにかなるはず」という言葉を護符にどうにかすれば、どうにかなるということがわかった。

 

私の場合は従業員を雇わず、店を大きくするつもりも全くなく、これからも一人でやっていくつもりなのだが、ふと最近「これは逃げなのかな?」という思いが湧いてきた。

どうやら無意識の中に「一人は逃げ」という意識があったらしい。

人と一緒に仕事をすることからの逃げ、賃金を払わなくていいという逃げ、教育をしなくていいという逃げ、など。

そこで同じ美容室で経営者の友人に「孤独は逃げなのかな?」と聞いてみると、意外な答えが返ってきた。

 

「私はあえて逃げてる。逃げるが勝ちよ!」と。

それを聞いて、そうか、と私の中でつっかえていた何かが取れたような気がした。

逃げてもいいんだ。そんな考えはなかったな。自分で認めてなかったんだな。

そう思った時、なんだかとても自由になれた気がした。

 

自分の意思で選びとってきた孤独をやっと大事に扱えるようになったのかと思うと、なんでも出来そうな気がしてきた。