読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中のワタシを忘れるために

錠剤は一粒ずつしか飲み込めない人が書くブログ。

夢の話にイチローを出すのはもうダサいってば。

自己啓発本なんか読むと、たいていの人が「大きな夢を叶えたひとり」の例え話にイチローをあげている。

 

その場面(イチローの話)に遭遇すると、私は「チッ」と舌打ちをしたくなってしまう。

エジソンとかアインシュタインならまだ分かる。彼らの「凄さ」は、わかる。

だけど、イチローの凄さはまったくわからない。

「何本安打」(すいません、雰囲気で言ってます)とか言われても、まったく意味がわからないし、まず、脳が受けつける気がない。

私は野球にまったく興味がないんだよ。

そしてイチローにもまったく興味がわかないし、そそられもしない。

だから、イチローWikiや野球についてググろうと思ったこともない。

 

なんで多くの人がイチローを取り上げるんだろう。心の底から不思議でならない。

 

まず、イチローを目指すために子供に野球させる、とかも、ちょっと違うと思ってる。

 

そもそも、「目指す」って言ってる時点で成長が止まってる。

イチローを目指すってことは、(例えばなれたとして)イチローか、もしくはイチロー未満にしかなれないってことだと思うんですよね。

 

以前の記事にも書いたけど。

憧れは違うって話。

憧れてるうちは「自分はそこには届かない」って思ってるってこと。

 

すると、さっきインスタグラムを覗いてたら、アディダスの広告にこんな事が書いてあった。

 

「オリジナルとは、目指すものではなく、到達点である。」(@adidastokyo)

 

そう!!それそれー!!!

私が言いたかったのはそーゆうこと。

 

私は、なれないものは無いと思ってるし、なれないものは「なりたくないもの」だと思ってる。

だから、「目指す」とか「憧れ」とかっていう言葉が、私の中には希薄なのである。