読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中のワタシを忘れるために

錠剤は一粒ずつしか飲み込めない人が書くブログ。

サブカルクソ女

小学生の卒業文集に「尊敬するひと」という欄があって、私は書き出すのに随分と悩んだ。

 

当時の私にとって尊敬するひとなんているわけもなく、というか考えたこともなく。クラスメイトが〝おとうさん〟やら〝お母さん〟やらと書く中、私は結局「ルノワール」と書いた。

 

なぜルノワールと書いたかは覚えてないけど、おそらく何かの教科書か図書館かで見た、あの有名な青いリボンの少女の肖像画がお気に入りだった。

 

私が「ルノワール」と書いたそばからソレをのぞき見していた男子が、「なんでルノワールなん?ルノワールち誰なん?普通お父さんとかお母さんやろ〜!」と言って小馬鹿にした。

 

私はそのとき思った。

何で尊敬するひとがお父さんとかお母さんなん?親は好きだけど尊敬とはちがくない??強いて言うならルノワールとかになるやろ。ルノワールはすごいよ、光の表現が。うちの親はあんな光描けんよ?と。

 

そして、「将来の夢」の欄には、「絵描きをしながら美容師をする」みたいなことを書いたような気がする。

 

小学生の私はそんなに絵を描くことが好きだったんだろうか。

小学生のわたしよ、絵は描いてないけど、美容師にはなってるぞ。しかも、店、出したぞ。

 

もう少し時を遡り、保育園時代。

一人一枚の色紙に、絵と文(つまりポエム的な)を描かされた記憶がある。

オカッパの黒髪で前歯の抜けたサブカル女は、シロツメクサの絵を描き、刹那さ溢れる文を添えていた。(残念ながら内容は覚えてない)

 

ぞう組さんのわたしよ、ポエマーにはなってないけど、ブロガーにはなってるぞ。しかも、何人かおもしろいって言ってくれてるぞ。よかったな。