読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中のワタシを忘れるために

錠剤は一粒ずつしか飲み込めない人が書くブログ。

TRICK or TREAT ‼︎

雑記

今日、最後にカットに来てた友達から「ハロウィンは何かしないの?猫に仮装してインスタに写真あげたりとか。」と言われたので、「しないよ〜〜」と言っておきながらも、ちょっと頭の中で何かそれっぽい写真でも撮ってのせてみるかなぁ〜。でもめんどくさいし、そんなん見たって面白くないよね〜〜。なんてことを考えつつ仕事を終え、昨日買い忘れていた猫たちのごはんを買って帰った。

 

(猫たちの)朝ごはんの量がギリギリで、いつもよりも若干少ないくらいだったのだけど、「早く帰ってくるから待っててね」とお願いして家を出たのだった。

 

家に帰り着き玄関を開けると、いつものように二匹でドアの前に座って待っていた。

「ただいま〜ごはんだよ〜〜」と、靴をぬぎ、家にあがると、何かが〝ぺたっ〟と靴下の裏にくっつく感触がした。

 

うちの玄関の電気スイッチは何歩か上った先にあるため、暗がりの中を手探りの感覚でスイッチを探す。

「またどっちかがゲー(毛玉吐き)したなぁー?」と言いながら電気のスイッチをぱちんと入れると、茶色っぽい粉がちらばっていて、破れた紙のくずも一緒に落ちていた。

 

一瞬、私にはそれが何か分からなかったし、次に思い浮かべたのはコーヒーのカス。しかし今朝は家でコーヒーなんていれてない。

 

玄関先からつづくダイニングに目をやると、そこには辺り一面に今朝は未開封だったはずの茅野舎のだしパックがすべて食いちぎられてぶち撒かれ、湿って床にこびりつき、乾燥剤のつぶつぶもばら撒かれていた。

有無を言わせずトリックで出迎えられた私は、床にこびりついた一袋二千円もする高級だし(頂き物)にお湯をかけ、手に持った濡れたタオルの中で旨味が増し、またお湯をかけながら拭き、という作業を何度も繰り返していた。

そのときタイミングよく私の背後では、車内iPhoneで歌ってもらっていたトムヨークが慰めのコーラスを届けてくれた。

 

「Let down and hanging around〜♪」

 

はい。いま、わたくし。はいずりまわって出汁とってます。

 

はっぴー……はろうぃん……。

 

 

トムヨークもオススメするとかしないとかの、茅野舎(かやのや)の高級あご出汁はこちら。

味噌汁やうどん、煮物や炒飯など、何にでも使えてとても美味しい、猫も喜ぶ茅野舎の高級あご出汁はこちら。

 

 

久原本家 茅乃舎だし 8g×30袋

久原本家 茅乃舎だし 8g×30袋

 

 

f:id:saihate306:20161031231153j:image